ゴルフ肘

  • 出来る限り早く治したい。
  • プレイをしながら治したい。
  • 痛みが強くなってきて生活に支障が出てきた。
  • 病院に行っても痛み止めだけで困っている。
  • この先、ゴルフができるか不安。

ゴルフ肘は肘の内側(内側上顆)が痛むのが特徴です。

“ゴルフ”と名がついている点については、ゴルフでダフって(土をたたいてしまって)ゴルフ肘が起こることが多くあり、そのため「ゴルフ肘」と呼ばれると言われています。 

だるま整骨院でもゴルフをしている方でゴルフ肘に悩まれて来院される方が多いです。

はっきり裏付けが取りにくい所ではあるのですが、技術的に上手なゴルファーでは起こりにくく、技術的に未熟なプレーヤーに起こりやすいと言われています。

ゴルフ肘とは、ダフったり、クラブを握る手が力んで理にかなったフォームにならず負担が肘にきてしまい起こりやすいスポーツ障害です。

 

 

ゴルフ肘になる原因・理由|梅田近く中津のだるま整骨院

一般的に原因は“使いすぎ”とされています。

使いすぎというのは、基準がないため線引きが難しいですが、ウォーミングアップやケアをしっかり行えていない方も多いのではないでしょうか?

手を握り、手首を手のひら側に強く曲げる動作では、手根屈筋という筋肉が働きます。
この手根屈筋が肘の内側上顆に付着するのです。内側上顆への付着部に炎症が起こると「ゴルフ肘」が発生します。

使いすぎとは反復回数もそうですが、負担の大きいフォームでプレーしていたり、身体のバランスが崩れていて良い使い方ができていないパターンもあります。

ゴルフ肘を放っておくと|梅田すぐの中津だるま整骨院

ゴルフ肘を放っておくと、痛みのせいで満足にゴルフをできなくなることももちろんですが、日常生活に支障が出てしまうのがゴルフ肘の怖い所です。

ゴルフ肘には安静がとても大切です。

しかし放っておいたら治ったよ!と軽く考えてしまうことで日常に支障があることもあります。
ゴルフ肘はしっかり治療を行っていきましょう。

痛みの原因となっている筋肉や関連する部位を根本から治療して、日常生活はもちろん、パフォーマンスアップになるように全力で患者様をサポートさせていただきます。

 

ゴルフ肘の治療方法|梅田・中津のだるま整骨院

 

 

 

ゴルフ肘の施術の流れ|大阪だるま整骨院

※何もしていなくても強く痛む。という方は骨の状態を知るためにも病院への受診をオススメすることもございます。